A〜Z | ヤ | 0〜9

|   | |   | | 

≪ ヤ ≫

矢板     【よみがな】やいた

        【英語】sheet pile

        根切りなどへの土砂崩れや水漏れを防ぐために、根切り敷地の周囲に打つ板状の杭。木製・鋼製・鉄筋コンクリート製

        などがあり、シートパイルとは一般に鋼矢板をさします。

役物     【よみがな】やくもの

        特別な部分に使用する特殊な形の瓦のこと。鬼瓦(棟の端部に使う飾り瓦)、軒(のき)瓦(軒先に使う瓦)、けらば瓦

        (切妻屋根の端部に使う瓦)などがあります。

屋根勾配  【よみがな】やねこうばい

        屋根の勾配は、建築物の用途、外観、梁間の大きさ、屋根瓦材料の種類と形状、寸法、性質、その土地の風速、

        雨量、積雪量などの気象条件によって決め、勾配n/10(寸)であらわします。

破り目地   【よみがな】やぶりめじ

        【英語】breaking joint

        いも目地に対する工法で、上下2段以上の縦目地を通さない方法。馬乗り目地ともいいます。

やらず    

        【英語】stay

        主に仮設物などに使用し、倒壊を防ぐために斜めに取り付けた突っかい棒。

遣方     【よみがな】やりかた

        これから建てる建物の正確な位置を決めるために設置するもの。

≪ ユ ≫

ユーティリティ 【よみがな】ゆーてぃりてぃ

        多目的に使うための設備が整っている家事スペース。アイロンがけもできるユーティリティに洗濯コーナーを設けて、キッチンに

        隣接させるなど、家事の合理化を考えたプランニングが可能。

床組     【よみがな】ゆかぐみ

        床を構成する部材の総称(根太、大引、束等)。

床下換気口 【よみがな】ゆかしたかんきこう

        建物の木材の痛みやシロアリ被害を防止するために、床下に空気を送り込む布基礎に設けられた穴のこと。法令でも外壁

        まわりの布基礎周長で、5m以内に1ヶ所以上の取り付けが規定されています。

床下収納  【よみがな】ゆかしたしゅうのう

        キッチンや洗面室の床下に設置された収納スペースのこと。

床暖房   【よみがな】ゆかだんぼう

        床の下に温水循環設備や電気による発熱体を敷き、足元から温めてくれる暖房システム。室内の上部と下部の温度差が

        エアコンによる暖房に比べて小さく、室内の空気も汚さない。

床面積   【よみがな】ゆかめんせき

        各階ごとの面積のこと。吹き抜けのような部分は通常面積に入れません。

床束     【よみがな】ゆかつか

        床の構造の一部で大引から垂直に地面に下ろし、束石を通じて床の目方を地盤に伝える部材です。

ゆとり返済  【よみがな】ゆとりへんさい

        公庫融資の返済方法の一つ。年金融資の「ステップ返済」と同様で、返済開始後5年間の返済負担を軽くするもの。

        平成12年度の制度改正で「ゆとり返済」「ステップ返済」ともに廃止されました。

ユニット家具 【よみがな】ゆにっとかぐ

        単品家具だがそれぞれのデザインが統一されていて、必要に応じて必要な家具を組み合わせて使用できます。

ユニット工法 【よみがな】ゆにっとこうほう

        プレハブ住宅の一種で、あらかじめ工場で部屋ごとに作られたユニットを、現場でクレーンなどを使って、ひとつの住宅に

        組み立てていく工法。現場での工期は短く済むが間取りの変更は困難。

ユニットバス 【よみがな】ゆにっとばす

        防水性の高いプラスチックなどで、床・壁・天井などを一体化して成型したユニット方式の浴室のこと。間取り図では

        「UB」と書き、浴室だけのタイプと、浴槽・洗面台・便器の3点を組み込んだタイプがあります。

ユリアフォーム 【よみがな】ゆりあふぉーむ

        断熱材の一つ。現場発泡でスプレー吹きが可能。

≪ ヨ ≫

洋瓦     【よみがな】ようがわら

        洋風の瓦。5/10位の勾配が必要です。

洋小屋   【よみがな】ようごや

        洋小屋は、部材を三角形状の骨組(トラス)に組み立て、外力に対して各部材が一体となって働く構造で、真束小屋組、

        対束小屋組等があります。曲げが生じにくいので、比較的大きな空間や大きな梁間の建物に向いています。

養生     【よみがな】ようじょう

        工事の途中ですでに仕上がった部分や部材が痛んだり傷ついたり、汚れたりするのを防ぐため、カバ?をかける等の保護を

        すること。取り壊し等によるじんあいや、また取り壊し中の建物の部材等が落下して、隣接している家屋に被害を与えない

        よう保護することもいいます。

容積率   【よみがな】ようせきりつ

        敷地面積に対して建てられる建物の延べ床面積(各階の床面積の合計)の割合。

用途地域  【よみがな】ようとちいき

        都市計画法で定められた地域区分のこと。用途地域に応じて建ぺい率と容積率が変わり、また建築基準法により、建築物に

        制約がある。平成4年に法律が改正され、用途地域はそれまでの8種類から「第1種低層住居専用地域」「第2種低層住居

        専用地域」「第1種中高層住居専用地域」「第2種中高層住居専用地域」「第1種住居地域」「第2種住居地域」「準住居

        地域」「近隣商業地域」「商業地域」「準工業地域」「工業地域」「工業専用地域」の12種類になった。

擁壁     【よみがな】ようへき

        【英語】retaining wall

        土砂の崩壊を防止するために、切土、盛り土などのがけを側面から支える構造物。コンクリート造・鉄筋コンクリート造・石造

        などがあり、構造上からの次の種類がある。重力式擁壁・半重力式擁壁・L形擁壁・反T形擁壁・控壁式擁壁。反T形擁壁

        は、高さ6m程度まで用いられる。

         (1)土圧と土の重力の合力が基礎底面内を通るようにする(転倒しない)。

         (2)擁壁が水平移動を起こさないようにする。

         (3)基礎版に生じる最大反力が許容地耐力を越えないように基礎幅を決める。

         (4)壁体部の応力度が許容応力度を越えないようにする。

浴室暖房乾燥機 【よみがな】よくしつだんぼうかんそうき

        浴室の天井や壁に取り付け、浴室内の換気や暖房、浴室内に干した洗濯物の乾燥などを行なう。湿気を取り去るため、カビ

        などの発生も防げる。

寄せ棟    【よみがな】よせむね

        日本では切妻に次いで多い屋根の形状。4方向の勾配で構成され、雨の流れが良く、落ち着いた感じが出せるため、和風、

        洋風のどちらにも合う。




A〜Z | ヤ | 0〜9