A〜Z | ハ | 0〜9

|  | 

≪ ハ ≫

バーチカルブラインド(プリーツスクリーン)  【よみがな】ばーちかるぶらいんど(ぷりーつすくりーん)

        縦にぶら下がった細かいひだ(プリーツ)を開閉させるタテ型のブラインドのこと。他に、ロール式もある。

パーゴラ   【よみがな】ぱーごら

        住宅の軒先に設ける棚のこと。藤やぶどうの他落葉性の植物をはわせる。夏の日よけも兼ねる。

パース    【よみがな】ぱーす

        【英語】parspective

        建物の外観や内部を写真のように立体的に書いたもの。打ち合わせ等に使用します。

ハーフ・バス・ユニット 【よみがな】はーふ・ばす・ゆにっと

        漏水を配慮した浴槽と洗い場がユニット化(一体化)されたもの。

ハイサイドライト(頂側光) 【よみがな】はいさいどらいと

        頭上よりも高い位置にある壁面の窓のこと。

配置図   【よみがな】はいちず

        敷地内での建物の位置・方位・道路との関係等を示す図面です。

パイプシャッター 【よみがな】ぱいぷしゃったー

        シャッターの板が管になったものです。通気と視線を妨げない特徴があります。

パイプスペース 【よみがな】ぱいぷすぺーす

        各階をつなぐ配管設備が収められている部分です。平面図には「P・S」と書かれています。

培養土    【よみがな】ばいようど

        栽培する植物にあわせ、基本用土・改良用土・酸度の調整などがブレンドされ市販されている土のこと。

パイル    【よみがな】ぱいる

        【同義語】杭

        構造物の荷重をフーティングあるいは基礎スラブから、地盤中あるいは地盤の深部に伝達する役割をする柱状の

        構造材。地盤が弱く、建物などの上部荷重に耐えられない時に使用します。杭には、材料によって木杭・遠心力

        鉄筋コンクリート杭・PCパイル・鋼杭などがあり、施工法によって既製杭・場所打ちコンクリート杭などがあります。

        また、支持の性質によって支持杭と摩擦杭があります。

ハウスコントロールシステム 【よみがな】はうすこんとろーるしすてむ

        住宅内に設置されている各種器具などを集中的に監視・制御し、自動調整を行なうシステムのこと。

ハケ塗り   【よみがな】はけぬり

        塗布する際、馬や豚の毛を束ね、柄をつけた刷毛で塗ること。

ハケ引き   【よみがな】はけびき

        塗り付けたモルタルの表面をブラシでこすって表面に軽く凸凹をつけること。

バスタブ   【よみがな】ばすたぶ

        浴槽のこと。材質にはホーロー、ステンレス、人造大理石、FRP、タイル、木などがある。

ハッチ    【よみがな】はっち

        台所と食堂との間に設けられた、物を出し入れする開口部のこと。病院の薬受け渡し口もそうです。

パテ     【よみがな】ぱて

        部材の隙間につめて凹を埋めたり、雨水の浸入等を防いだりするのに用いるペ?スト状の材料をいいます。

パティオ    【よみがな】ぱてぃお

        スペインの南部に多く見られる中庭のこと。床にタイルを張ったり、噴水を設けたり、インテリアとの関連性が強い。

鼻隠し    【よみがな】はなかくし

        垂木の先端を横につなぐ部材で、垂木の端を隠すことからその名称があります。

パネル工法 【よみがな】ぱねるこうほう

        床・壁・天井をパネルとし、事前に工場で製造し、現場で組み合わせ建築する工法。

パネルドア  【よみがな】ぱねるどあ

        枠の中に板やガラスをはめ込んだドアのこと。

幅木     【よみがな】はばき

        壁と床の間に床と平行に入れる部材のこと。塗の保護と、壁と床の間に隙間がでるのを防ぎます。

破風     【よみがな】はふ

        和風建築で切妻屋根や入母屋屋根の端に山形に取り付けられた板。及びその付属物の総称。

はめ殺し窓 【よみがな】はめごろしまど

        障子またはガラスなどが、はめられたままで開閉できないように固定された窓のこと。

パラペット  【よみがな】ぱらぺっと

        建造物の先端を保護するために、建築物の屋上などに設けられた低い壁のこと。

      【よみがな】はり

        柱の上に渡し、屋根を支える構造材のこと。柱頭上にあり垂木を受けるものは特に桁といいます。

バリアフリー 【よみがな】ばりあふりー

        高齢者や身障者などいわゆるの活動・行動を妨げる障害を取り払うこと。またそうした環境、施設のこと。公庫融資で

        最も低い基準金利を適用する住宅技術基準では、条件の一つとなっています。

張り物    【よみがな】はりもの

        むくものに対して使用されます。外側にさまざまな薄い板を張り、高級材のように見せかけたもの。

梁床     【よみがな】はりゆか

        梁間が2〜4mぐらいまでの床組に用いられ、梁と根太で構成されています。梁間が2m以下になるように配置し、梁せいは

        床荷重の条件や配置状態また構造計算によって決まります。

バルコニー  【よみがな】ばるこにー

        2階以上の階で、居屋から出られるようになっている屋根のない手すりつき露台のこと。

ハンチ    【よみがな】はんち

        【英語】hanch

        梁や床スラブの端部の断面を、中央部の断面より大きくしたもの。背を増したものを垂直ハンチ、幅を大きくしたものを水平

        ハンチといいます。

≪ ヒ ≫

ヒートポンプエアコン 【よみがな】ひーとぽんぷえあこん

        夏は室内から屋外へ、冬は屋外から屋内へ熱を運ぶ方式の冷暖房機器のこと。空気を汚さないのがメリットです。

火打ち土台 【よみがな】ひうちどだい

        土台の交わるところに斜めに入れる補強材のこと。地震発生時などに建物の角がゆがまないように必ず入れます。

火打ち梁  【よみがな】ひうちばり

        胴差しや梁まわりに斜めに取り付ける補強材。地震発生時などに建物がゆがまないように必ず入れます。

日影規制  【よみがな】ひかげきせい

        建築基準法第56の2条に基づく規制。近隣に及ぼす日影を規制するために制定されました。

引き戸    【よみがな】ひきど

        障子や襖などのように、左右に引き動かすことにより、開閉が出来る扉のこと。

引渡し    【よみがな】ひきわたし

        完成した建築物の所有権を工事請負業者から建築主へ移転すること。

ピクチャーウインド 【よみがな】ぴくちゃーういんど

        はめ殺し窓の一種。窓を額縁と考え、外の景色を室内の絵のように取り込む効果を考えた窓のこと。

引張り    【よみがな】ひっぱり

        部材に引張り力が作用している状態のこと。

表示付スイッチ 【よみがな】ひょうじつきすいっち

        スイッチが入っているかどうかネオン管で灯が点くようにしたもので、消し忘れ等の防止に使用します。

ビルトインファニチャー 【よみがな】びるといんふぁにちゃー

        建物本体にはめ込まれた造り付けの家具のこと。家具でスペースを取られず、部屋を広々と使用できます。

ピロティ    【よみがな】ぴろてぃ

        一階部分の床(またはその一部)で、壁などに囲われず、柱だけで構成された空間のこと。

≪ フ ≫

ファイヤープレース 【よみがな】ふぁいやーぷれーす

        壁に作りつけた暖炉のこと。

ファブリック  【よみがな】ふぁぶりっく

        カーテン、テーブルクロスなどの布地のこと。

ふかす

        (1)仕上げ面や仕上げ線などを大きくして、前に出すこと。構造上問題無く、デザイン上または納まり上、仕上げ面を

          前に出した方がよい場合に行なう。

        (2)ジャッキなどで建物を持ち上げること。

        (3)生石灰に水を加え、消石灰にすること。

        (4)発破後の換気のために空気を噴出させること。

        (5)溶接用のガスで鋼材に穴をあけること。

        (6)セメントの袋から軽く容器に入れること。

吹抜     【よみがな】ふきぬけ

        2階以上貫通して床を設けず、上下に連続している空間のこと。

複層ガラス  【よみがな】ふくそうがらす

        2枚以上の板ガラスの間に乾燥空気を密封したガラス。断熱性が高く、ガラス表面の結露防止効果があります。

フーティング 【よみがな】ふーてぃんぐ

        【英語】footing

        地盤の支持力を増すために、布基礎の底面を逆T字形にするように幅広くした部材。

舟底天井  【よみがな】ふなぞこてんじょう

        中央部が両端より高く、断面が弓形または屋形になっている天井のこと。

不燃材    【よみがな】ふねんざい

        加熱しても容易に燃焼せず、防火上有害な煙・ガスなどの発生や溶融などが生じない材料。

踏面     【よみがな】ふみづら

        階段の上面のこと。

ブラケット  【よみがな】ぶらけっと

        壁面に接するように取り付ける照明器具のこと。

プラスターボード 【よみがな】ぷらすたーぼーど

        壁や天井の下地材として使用されます。防火・防音に優れ、施工もしやすく安価なため多用されます。

フラッシュドア 【よみがな】ふらっしゅどあ

        骨組の表面に合板などを貼って、平らに仕上げたドアのこと。

プリントカーテン 【よみがな】ぷりんとかーてん

        布地に色模様を印刷したり、染め付けたりしたカーテンのこと。

ブレース   【よみがな】ぶれーす

        軽量鉄骨構造などにおける筋かいのこと。

プレカット   【よみがな】ぷれかっと

        建築用材を事前に工場で加工しておくこと。現場ではそれを組み立てるだけの作業で済むため、工期の短縮も図ることができます。

フレキシブル板 【よみがな】ぷれきしぶるばん

        合板ボードで、キッチンや洗面所など湿気が多い場所や火気を使用する場所に用いられます。

プレハブ工法 【よみがな】ぷれはぶこうほう

        事前に工場で規格生産された主要部材を現場で組み上げていく工法。品質が一定しており、工期も短く、工賃も安い。

フロアーバーケット 【よみがな】ふろあーばーけっと

        幅30cmくらい、長さ1.8mくらいで表面にいろいろな柄の突き板(うすい板)を張ったもの。

フロアヒンジ 【よみがな】ふろあひんじ

        ドアクローザーの、床に埋め込むタイプをいいます。

フローリング 【よみがな】ふろーりんぐ

        洋間等の床の仕上げに張る比較的幅のせまい板のことで、一般にナラ・ブナ等の硬い材でできています。

≪ ヘ ≫

ペアガラス  【よみがな】ぺあがらす

        外壁の窓やドアの板ガラスを二重にして、熱を伝えにくいガラスの弱点を補ったもの。断熱性を向上させ、省エネにも効果があります。

ベタ基礎  【よみがな】べたぎそ

        建物の下部を全部基礎にすること。特に地盤の悪い場合に使用されます。

別棟     【よみがな】べつむね

        【関連】増築、つぎたし、おかぐら

        増築のタイプのひとつ。

ベランダ   【よみがな】べらんだ

        屋根のあるバルコニーのこと。

辺材     【よみがな】へんざい

        樹木の周辺部を用いた材のこと。

ペンダントライト 【よみがな】ぺんだんとらいと

        コードやチェーンで天井から吊り下げる照明器具のこと。

ベンチマーク 【よみがな】べんちまーく

        建物の基準となる高低測量のポイントを、電柱など付近の固定したものにしるし付けすること。

変動金利  【よみがな】へんどうきんり

        民間金融機関で扱われる住宅ローンにおいて、金融情勢の変化に応じて、返済途中で金利が変わるもの。

≪ ホ ≫

防火構造  【よみがな】ぼうかこうぞう

        木造の外壁や軒裏を燃えにくい材料で覆って延焼の防止を図った構造のことで、一般的にはモルタル塗り(塗厚2cm以上)

        のものです。この他不燃のボード類を張るケースもあります。

防火地域  【よみがな】ぼうかちいき

        市街地において火災の危険を除去するために耐火建築物など建築基準法に基づき建築物の構造が規定される区域のこと。

防蟻材    【よみがな】ぼうぎざい

        土台や水まわりの部材に白アリがつかないように塗布する薬品です。

方形屋根  【よみがな】ほうぎょうやね

        寄せ棟を正方形にした屋根の形。数寄屋風の気品ある雰囲気が出ます。

防水型灯具 【よみがな】ぼうすいがたとうぐ

        外部、浴室等に取り付け、雨水や湿気の浸入を防ぐゴムパッキング等を入れた灯具のこと。

防水コンセント 【よみがな】ぼうすいこんせんと

        水が浸入しないようにしてあるコンセントのことで、外部で使用します。

防水層押さえ 【よみがな】ぼうすいそうおさえ

        アスファルトの防水・シート防水などの防水層を保護するもの。防水層の上部に軽量コンクリート・気泡コンクリート・豆砂利

        コンクリートを打ったり、煉瓦を積んだりして層を作ります。

保証協会  【よみがな】ほしょうきょうかい

        住宅金融公庫融資をうけるには保証人が必要ですが、保証人を捜すのはなかなかやっかいです。そこで公的な協会が

        保証人になってくれる制度があります。利用するには金額に応じた保証料を支払う必要があります。

ほぞ

        木材を接合する時に用いる接合箇所の仕組みのこと。目的によってさまざまなタイプがあります。

ポーチ    【よみがな】ぽーち

        建物の屋根とは別のひさしを持ち、玄関先の出入口外部を屋根でおおった所。

ホームエレベーター 【よみがな】ほーむえれべーたー

        個人住宅用エレベーターのこと。高齢者や階段の上り下りが不自由な家族がいる場合によく設置されます。

ホームオートメーション 【よみがな】ほーむおーとめーしょん

        【同義語】HA

        防犯やガス漏れをチェックしたり、電話回線を利用したりしてエアコンやボイラーを操作するシステムのことをいいます。

保有距離  【よみがな】ほゆうきょり

        建物の外壁面から境界線まで、一定の距離をあけなければならないという法律です。第1種住居専用地域にのみ

        適用され、1mか1.5mのどちらかが指定されます。なお、一般の住宅地では民法で50cmと定められています。

ポリエステル合板 【よみがな】ぽりえすてるごうはん

        家具・ドア・テーブルなどの仕上面に使用されます。色や木目などさまざまな種類があります。

ホルムアルデヒド 【よみがな】ほるむあるでひど

        人体に有害な化学物質の一つ。空気より重く、特異な臭気があり、粘膜を刺激する。気密性・断熱性が向上し、

        ホルムアルデヒドを含んだ建築材料が多用されるようになり、人体への影響が問題視されるようになった。シックハウス

        症候群の原因の一つとされています。





A〜Z | ハ | 0〜9