A〜Z | ア | 0〜9
| 
 ≪ ア ≫
アース付コンセント
【よみがな】あーすつきこんせんと
洗濯機等に使用する、感電を防ぐ装置がついたコンセントのこと。
アール
【よみがな】あーる
曲線・曲面の総称。バルコニーや天井、柱の上部などをゆるやかな曲線を描いたアール状にデザインすることがあります。
アイランドキッチン
【よみがな】あいらんどきっちん

流しやレンジなどのキッチン設備を壁から離し、部屋の中央部に配置されたキッチンのこと。その部分が、島(アイランド)のようになるので、「アイランドキッチン」と呼ばれています。多人数で料理したり、来客時に効果的な演出ができます。

アイレベル
【よみがな】あいれべる

目(アイ)の高さに位置する機器や収納スペースのこと。調理カウンターから吊り戸棚までの空間がアイレベルゾーンと呼ばれており、使用頻度の高い調理器具などの配置場として最適です。

アウトドアリビング
【よみがな】あうとどありびんぐ
リビングのように生活の場として使用する屋外空間のこと。
アウトポール
【よみがな】あうとぽーる
柱の出張りを室外に出して、室内の壁際をスッキリさせる建築工法。一般的にバルコニーに面した部屋で多用されます。
アウトレット
【よみがな】あうとれっと
電気器具や照明器具と電源を接続するためのコンセント・電話線の接続口・テレビアンテナ接続口のこと。
上がり框
【よみがな】あがりかまち
玄関の上がり口と土間床との段差の高いほうの末端に取り付けられる化粧の横木のこと。
秋田杉
【よみがな】あきたすぎ
天井板、建具等に用いる高級杉。
アコーディオンドア
【よみがな】あこーでぃおんどあ
楽器のアコーディオンのように蛇腹になっているカーテン状のドアのこと。
足下温風器
【よみがな】あしもとおんぷうき

冬場の寒いときにキッチンの流し台や洗面台の下から温風が吹き出て足の冷えを和らげるように備え付けたスリムな暖房機器のこと。電気やガス、温水タイプがあり、足で軽く蹴ってオン・オフを切り替えるなど簡単に操作ができます。

足元灯
【よみがな】あしもととう
階段や廊下などの通路に設置し、夜間の行動を安全にする足元を照らすための低ワット常夜灯。
アスファルトルーフィング
【よみがな】あすふぁるとるーふぃんぐ

【同義語】アスファルトフェルト
有機質繊維などを原料とするフェルトにアスファルトを浸透・被覆したシート状の製品。主にアスファルト防水に用います。

アスレチックルーム
【よみがな】あすれちっくるーむ
軽い運動ができる室内スペース。
桟瓦
【よみがな】あつがわら
日本瓦を葺くために使用する細い部材のこと。
圧着張り
【よみがな】あっちゃくばり

タイル張り工法の一種で、混和材を混入した圧着用モルタル塗の上にタイルを押し付けて張る工法。早く張り上げることができ、白樺現象は生じにくいので外装向きです。

アッパーライト
【よみがな】あっぱーらいと
下から照らす上向きの照明のこと。
アティック
【よみがな】あてぃっく

【同義語】ロフト
屋根裏部屋のことで、収納スペースとしてだけでなく、子供部屋や書斎、アトリエとして利用されることも多い。居室とする場合には階段が設けられる。

アトリウム
【よみがな】あとりうむ

もともとは古代ローマの邸宅にあった広間のことで、屋根の中央部に天窓があり、床に石を敷き、中央に雨水を受ける水盤を置いていました。現代では、ホテルやオフィスのロビー、マンションのエントランスなどに設けた開放的な吹抜け空間を指します。

アプローチ
【よみがな】あぷろーち
敷地の入り口から建物の玄関までの通路のこと。
雨押さえ
【よみがな】あまおさえ
外壁と開口部の上枠、屋根と壁の立ち上がりの取り合いなどに取り付け、雨水の浸入を防ぐ板のこと。
雨どい
【よみがな】あまどい

屋根を流れる雨水を軒先に集め、地下や下水まで導いて排水する部材のこと。溝型や管状が多く、銅板や亜鉛鉄板・カラー鉄板・硬質塩化ビニルなどで作られています。

網入りガラス
【よみがな】あみいりがらす
中に金属の網が入っているガラスのこと。
アメニティ
【よみがな】あめにてぃ

間取りや設備など建物の機能だけでなく、デザイン・周囲の環境・社会的条件まで含めた、生活に結びつく環境全般の便利さや快適さをいいます。

アルコーブ
【よみがな】あるこーぷ

部屋や廊下など壁の一部をくぼませた空間のこと。限られた面積で想像以上の空間の変化や使い勝手のよさが得られます。マンションにおいては、廊下から少し引っ込んだ各住戸の玄関部分をいいます。

アンカーボルト
【よみがな】あんかーぼると
家の基礎と土台をしっかりと結合させるボルトのこと。 地震などで建物が動くのを防ぐ役目をします。
あんこう 呼び樋のこと。軒樋の雨水を竪樋に導く落とし口です。
あんどん部屋
【よみがな】あんどんべや

直接外気に接する開口部がない部屋のこと。採光、通風等の要件を満たせないので建築基準法上の「居室」とはできず、「納戸・サービスルーム」などと表示されます。

 ≪ イ 
イギリス張り
【よみがな】いぎりすばり
小口タイルと2丁掛けタイルを一段ずつ交互に張る方法のこと。
生け垣
【よみがな】いけがき

自分の敷地と隣家の敷地の境界や、道路との境界などに塀の代わりに植える樹木のこと。ブロック塀のような冷たさがなく、住宅街に緑の空間が提供できます。かし・ひいらぎ・ひのき・からたちなどが多用される。

板畳
【よみがな】いただたみ
マンションの和室などにある板敷きの部分。
イニシャルコスト
【よみがな】いにしゃるこすと
建物や設備を作るためにかかる費用のこと。設計料、建設工事費などをさします。
犬走り
【よみがな】いぬばしり

建物の周囲を、40〜60cm位の幅で取りまくように砂利やコンクリートが打たれた部分をいいます。 雨水によって基礎部分が濡れたり、汚れが建物に跳ね返るのを防いでくれます。

入り母屋
【よみがな】いりもや
屋根の形状のひとつで、上部が「切妻屋根」、下部が「寄棟屋根」のようになっています。
インシュレーションボード
【よみがな】いしゅれーしょんぼーど
木材を繊維状にときほぐし、圧縮・成型した板のこと。断熱性に優れています。
インテリア
【よみがな】いんていりあ
本来は室内の意味であるが、室内装飾や家具調度品・設備機器・室内設計のことをいいます。
インテリアコーディネーター
【よみがな】いんてりあこーでぃねーたー

インテリアについて商品選択や総合的構成などの助言と提案を行なうことを職能とする専門家のこと。通産省の告示によって認定される資格です。

インテリジェントマンション
【よみがな】いんてりじぇんとまんしょん

ニューメディアに対応できる高度情報通信設備を備えたマンションのこと。ホームオートメーション・ホームセキュリティ・パソコン通信などが利用できる設備が整っています。

 ≪ ウ ≫
ウインドートリートメント
【よみがな】ういんどーとりーとめんと
カーテンやブラインドなどを使用して、外光の調節及び窓周りの装飾を施すこと。
ウォークインクローゼット
【よみがな】うぉーくいんくろーぜっと

人が中に入ることができる部屋状の大型収納スペースのこと。主に衣類の収納に使われ、作り付けの棚や引出し、ハンガーパイプ等が備え付けられ、システム収納が組み込まれています。人が歩いて入れない場合は単に「クロゼット」と呼びます。

浮床工法
【よみがな】うきゆかこうほう

遮音効果を高めるために、コンクリートスラブの上にグラスウールなどの緩衝材を入れて、モルタルコンクリートではさみ、カーペットやフローリングで表面をを仕上げる床工法のこと。

打上天井
【よみがな】うちあげてんじょう
天井板を下側から釘で止める天井のこと。
打放コンクリート
【よみがな】うちっぱなしこんくりーと

【英語】architectual concretet
型枠を取り外した面が、そのまま仕上げ面となるコンクリートのこと。コンクリート面を他の材料で仕上げをしないので、丁寧な型枠工事や、確実なコンクリート打ちが必要。

内法
【よみがな】うちのり
和室で、鴨居の高さのところで部屋を取りまいている部材のこと。
内法材
【よみがな】うちのりざい
和室で、鴨居の高さのところで部屋を取りまいている部材のこと。
内法高
【よみがな】うちのりだか

【同義語】内法
敷居上端から、鴨居上端までの高さをいいます。

ウッドデッキ
【よみがな】うっどでっき

庭先に向けてテラスの上に設ける木の看板のこと。屋根は付けないが、屋内の延長のような空間で、広さは3〜6畳程度。お茶を飲んだり食事をしたりすることができます。

 ≪ エ ≫
エアーコンディショニング
【よみがな】えあーこんでぃしょにんぐ

【同義語】空気調和
冷暖房と違って湿度調整までするシステムのこと。

エアサイクルシステム住宅
【よみがな】えあさいくるしすてむじゅうたく

省エネ住宅の一つ。壁の間に隙間を設け、空気を対流させて温度調節する住宅のこと。夏は冷たい空気を、冬は暖かい空気を循環させることができます。

エクステリア
【よみがな】えくすてりあ
門・扉・塀・物置・カーポート・フェンスなど、住宅の外回り設備のこと。
エックシステム
【よみがな】えっくしすてむ

大阪ガスが開発した給湯暖房システム。コンパクトで強力なボイラーを設置し、浴室・洗面所・台所への給湯・温水を使用した暖房や乾燥を行います。

エコロジー住宅
【よみがな】えころじーじゅうたく
省資源・省エネルギーによる地球環境の保全、自然環境・周辺環境との調和、住宅環境の健康性・快適性を追求した住宅のこと。
縁側
【よみがな】えんがわ
住宅の座敷の外側に設けられる細長い板張りの床のこと。
縁甲板
【よみがな】えんこういた
縁側等の床の仕上げに張る部材のこと。主にヒノキ、杉等の幅のせまい部材です。
エンジニアリングウッド
【よみがな】えんじにありんぐうっど

単板・繊維等の形状に細分化された木材を接着剤で張り合わせてから圧着し、一定の形状や大きさに加工し直した資材のこと。集成材やファイバーボードなどが代表的。

遠赤外線式サウナ
【よみがな】えんせいきがいさんしきさうな

遠赤外線を利用した家庭用サウナ。電気でサウナ内を暖めるため、ガスや石炭を使う本格的なサウナより安全で扱いも簡単。しかも50〜60度の室温を保つので、体や髪にやさしい。

エントランス
【よみがな】えんとらんす
建物の出入口部分のこと。マンションでは、建物の正面玄関に設けられた広場を「エントランスホール」とも呼んでいます。
 ≪ オ ≫
オイルステン
【よみがな】おいるすてん
油溶性の塗料をボイル油、乾性油に溶かしたもの。木材の着色剤として使用されるが、ワニスやクリヤラッカーの下塗りとしても使われる。
大壁
【よみがな】おおかべ

木造建築で、壁の仕上げ材が柱面の外側に施され、柱が現れないように仕上げられた壁のこと。洋室などに使用され、気密性もよく防寒・防湿・防音の効果も高いです。しかし、壁の内部に湿気が入り込むと乾燥しにくいので部材が腐りやすくなります。

オートバス
【よみがな】おーとばす
スイッチ一つで一定量の湯を浴槽に張ったり、保温や追い焚きをすることができるシステム。
オートライト
【よみがな】おーとらいと
人の気配を感知して自動的に点滅する照明のこと。玄関に多用されています。
オートロックシステム
【よみがな】おーとろっくしすてむ

暗証番号や住戸内からの操作によって、ドアの施錠や解錠を行うシステム。マンションでは不審な訪問者の侵入をエントランスで防ぐことができます。

オーバーハング
【よみがな】

2階が1階より張り出し、スペースが広くなるように設計された形態。1階よりせり出した部分をキャンティと呼び、居間やベランダとして使用されます。庭の広さを損なうことなく、建物内の広さが確保できます。

大引き
【よみがな】おおびき

床の構造の一部で約9cm角くらいの部材です。根太を支えてその目方を地面に伝える役目をします。通常90cm程の間隔で入れ、根太と直交するよう配置します。

オープン外構
【よみがな】おーぷんがいこう

敷地の周囲に塀や垣根を作らない、開放的な敷地回りのこと。最近日本では、塀や垣根の高さの低い、オープン風外構が主流になっています。

オープンキッチン
【よみがな】おーぷんきっちん

リビングとダイニングが一つの部屋でその中の一方の壁にキッチンが備え付けられているタイプのキッチンのこと。キッチン専用の部屋がないので、小さな家や他の部屋を広くしたいときに有利です。

オープンハウス
【よみがな】おーぷんはうす

住宅の販売するために行う集客方法のこと。休祝日など特定の日時に、対象物件を開放して一般客に自由に見てもらう方法。実際に中を見られるので、買主が具体的に購入を検討できます。

オープンリビング
【よみがな】おーぷんりびんぐ

玄関ホールとリビングとの間に間仕切りがない形態のこと。全室暖房を行なう北国の住宅や、温暖地での住宅でよく見られます。最近では、応接空間の充実やスペースの有功利用を意図したものが普及しつつあります。

おかぐら

【関連】増築、別棟、つぎたし
増築のタイプのひとつ。

置敷き
【よみがな】おきじき
接着剤等を使用せずに床に置くだけでよい、カーペットを敷く方法。
落とし掛け
【よみがな】おとしがけ
床の間の上部に床と平行に入れる部材のこと。
落とし込み浴槽
【よみがな】おとしこみよくそう

埋め込み式浴槽ともいう。浴室の床面に埋め込んで設置する浴槽のことで、床面から浴槽の縁までの立ち上がりの高さは35〜45cm程度がまたぎやすく、入りやすい。

踊り場
【よみがな】おどりば
階段の途中に設置された小さなスペースのこと。
親子ドア
【よみがな】おやこどあ

玄関等のドアが大小サイズの観音開きになっているもの。普段の出入りには大きい方のドアだけを使用し、小さい方のドアは鍵をかけて開かないようにしておき、必要に応じて小さなドアの鍵を開けると開口部をより大きくできます。

親子リレー返済
【よみがな】おやこりれーへんさい

親が借り入れした公庫融資を子供が引き継ぐ制度。本人の子であること、同居すること、60歳未満であること、現在までに公庫融資をうけていないこと、等の条件があります。

折戸
【よみがな】おりど
扉自身が折りたためるようになったもの。
温水式床暖房
【よみがな】おんすいしきゆかだんぼう
敷設したパイプに循環パイプで温水を送り込んで加熱する間接加熱方式の床暖房。コストは電気式よりも安い。
温水暖房洗浄便座
【よみがな】おんすいせんじょうべんき

腰掛け用便器の便座に、用便後におしりを洗うため温水が噴き出すノズルが設けられている便器のこと。通常、便座に暖房機能を備えており、洗浄後温風による乾燥ができるものや、脱臭機能をもつものなどがある。


A〜Z | ア | 0〜9

事業紹介トップへ

 Copyrigt (C) 2005 Seito Corporation All Rights Reserved