株式会社セイトコーポレーション 事業紹介 会社案内 採用情報
HOME事業紹介>リファインメント
リファインメント
新築分譲
中古住宅情報(マンション・戸建住宅等)
施工事例




住宅は、築後10年くらいから徐々にリフォームが必要になってきます現在の住まいには何かと不満があるものです。そこで、不満の原因を見つけ具体的に考えてみる必要があります。その結果、広い部屋がほしいとか、老朽化したので修理しなければというのであれば、なにが不満なのか、はっきりしているので、対策も難しくありません。そのほかにも設備の充実とか、2世帯住宅にしたいなども同様です。


 ライフスタイルの変化に伴うリフォーム

子供の成長や親との同居など、家族構成の変化などによって、住まいへの要求も年々変わっていきます。そこで間取りの変更設備、収納、内装などを暮らしに合わせて変える必要性が生まれてきます。

 設備の老朽化によるリフォーム

給湯器をはじめとしてキッチン・ユニットバス・洗面化粧台・便器といった設備機器は、10年ぐらいたつと老朽化が進みます。また、設備機器は年々便利な製品が発売されるので、より快適な生活を送るためにグレードアップした機器に交換することも考えられます。壁紙やカーペットなどの内装材も同様に、劣化に伴っての貼り替えや塗り替え、違う素材への仕様替えの必要が出てきます。

 中古物件を購入してのリフォーム

ここ数年中古物件を購入してのリフォームが急増しています。これはある程度マンションの購入価格を抑えて、自分たちに住みやすい空間にするためにリフォームする事を前提に購入するという考え方です。間取りの変更、キッチンなど自分たちの好みに応じて商品を選ぶことができ、より住みやすい空間を手に入れられるというところが魅力です。

 家族の高齢化によるリフォーム

祖父母、ご両親等と同居されている家庭では、床の凹凸、急な階段、浴室・トイレ等に手すりが無い等様々な問題があります。足の不自由な方がおられる場合はなおさら深刻です。お住まい全体を見直し、バリアフリーを徹底するリフォームが不可欠になります。